両関ブログ     
両関ブログ     
   

工場見学



秋の足音が聞こえてきました
2010年09月17日

この頃は気温差が大きく、体調を崩す人も
多いと聞きます。
間違っても腹を出しながら寝て風邪なんかをひかないように
気をつけてください。
さて今日もたくさんの蔵見学のお客さまがお見えになりました。
大変ありがたいことなんですが、蔵見学のお客様が
増えてくると秋が近づいてきたんだなぁとおセンチな気分に
なってしまいます。
個人的には今年みたいな暑い夏が好きなので
もう少し夏が続いてほしいという
気持ちもありますが、暖冬になるとお酒造りが
大変になっちゃいますので複雑な気分です。100_0680











100_0682







今日の見学の案内役は武石杜氏でした。
両関の酒造りの歴史についてなど
様々なことを話していました。
武石杜氏は見た目は強面ですが
ものすごく実直でおおらかな人柄ですので
もし蔵見学に来たときは分からないことなど
遠慮なく質問してみてください。
きっと本人も喜びますよ。
(たっくん。)


※両関の蔵見学は予約制となっております。

 詳しくはこちらをご覧ください。




ひやおろし
 
                ←いまだけの季節酒「ひやおろし」も
                好評発売中です。
                売れ切れる前に是非ともお試しください!
                ご注文はこちらから!



Comments(0) TrackBack(0)


蔵見学の季節です
2010年09月15日
今日は由利公民館由利高嶺大学の皆さんが蔵見学に
来てくれました。

100_0661







先日の湯沢東小学校の皆さんとは反対に
今度は人生の大先輩がいらっしゃいました。
今日の見学案内はこの道のスペシャリストのさんです。
弊社では蔵見学の案内は何人かで交代で
やらせてもらっているのですが
Jさんの説明は分かりやすいうえに酒造りの面白い
裏話的なものも聞けるということで大変評判がいいです。

100_0664







今回も終始お客様の笑いが絶えませんでした。
お客様も初めて聞くような話を聞けて大変満足して
帰られたご様子でした。

さて、秋の足音が聞こえてきましたが、両関の酒蔵見学の
お客様はこれからが一番多くなってきます。
このブログをご覧になられて是非とも両関の蔵を
見てみたいという方がいらっしゃいましたら
どうぞ一度両関酒造に足をお運びになられてください。
おまちしております。
(たっくん。)

※蔵見学は予約制になっております。
 詳しくはこちらをご覧ください。




Comments(0) TrackBack(0)


武石杜氏、またまた大苦戦!?
2010年09月07日

今日の午後に湯沢東小学校3年生の皆さんが蔵見学に
来てくれました。



100_0620

 


 100_0638


 

 

100_0628









前回来てくれた小学生の生徒さんも元気でしたが
今回は1.5倍増の元気っぷりでした。
やっぱり子供は元気が一番ですね!
大人になると写真を撮られるのを嫌がる人が
多いのですが、今回の生徒さんは「撮って!撮って!」
とばかりに迫ってきて私も圧倒されてしまいました

今回は生徒さんの人数が多かったので2組に分かれて
武石杜氏と私で見学の案内をしました。



100_0644 
  子供達の鋭い質問にたじたじの
    武石杜氏。体調悪かったのに
    お疲れ様でした!







武石杜氏も私も小学生の皆さんにも分かるように
噛み砕いてお酒の説明するのに大苦戦しました。
まだ小学生ですので私のつたない説明では
日本酒のことをあまり理解できなかったかもしれませんが
お酒がこういう所で造られているんだということを
知ってもらえただけでもよかったと思います。
今回の蔵見学がきっかけで今日の子供達がお酒を飲める歳に
なったときにビールや焼酎ではなく、日本酒好きに
なってくれたら嬉しいですね。
(たっくん。)



廉士720ml

   ←純米酒「廉士」も好評発売中です!
     ご注文はこちらから



Comments(0) TrackBack(0)


武石杜氏、大苦戦!?
2010年06月21日

今日は湯沢東小学校の2年生の皆さんが蔵見学に来てくれました。
久々の小学生の訪問です。

100_0469






皆さん、元気があっていいですね!

100_0478






ちなみに今回の蔵の案内は我らが杜氏・武石廉太郎が
務めました。
経験豊富な名杜氏も小学生の案内は不慣れなようでして
日本酒のことを東小学校の皆さんに説明するのには苦戦している
様子でした。
私も以前小学生の皆さんを案内したので分かるんですが
大人のお客様の対応の10倍以上は難しいです。
小学生にも分かるように噛み砕いて説明しなくてはいけませんし、
途中で飽きちゃう生徒さんもいますので非常に神経を使います。

100_0484

 






ですが、東小学校の皆さんは最後まで熱心に武石の説明を聞いたり、
質問をしてくれました。
中には大人顔負けの鋭い質問をしてくる生徒さんもいますので
武石も気が抜けなかったと思います。
この中から20年後くらいに日本酒の魅力を知ってまた両関に
見学に来てくれる生徒さんがいたら嬉しいですね。

(たっくん。)

 廉士720ml

    

   ←純米酒「廉士」好評発売中です!



Comments(0) TrackBack(0)


酒蔵開放2010 その6
2010年02月15日

100_0280






先日2月13日の酒蔵開放が無事終了しました。
開放時間を例年より長くしたこともあると思いますが
去年の約1,8倍の来場者数を記録しました。
本当にたくさんのお客様に来ていただき、また帰りの際には
温かいお言葉もかけていただき大変ありがとうございました。
今回は今までと違い自由に蔵を見学してもらうスタイルにしたので
正直に言うと何か不手際がないかなど不安がありました。
ですが、終わってみるとたくさんのお客様をお迎えすることができ
両関の蔵をじっくり見学してもらえたので社員の中からも
「今回の見学スタイルにしてよかった」という声が聞こえてきました。
来年からの酒蔵開放もお客様のアンケートを参考にさせていただき
よりいいものにしていきたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。
本当にありがとうございました。
(たっくん。)
100_0292100_0291



Comments(0) TrackBack(0)


酒蔵開放2010 その5
2010年02月12日

いよいよ明日両関の酒蔵開放が開催されます。
明日お客様に楽しんでいただけるように
社員一同頑張ってきました。
今年はいつもと違う形式でお客様をおもてなし
させていただきますので至らない点があるかもしれませんが
社員一同たくさんのご来場をお待ちしております。
予約は必要ありませんので、犬っこまつりの前や後にでも
気楽に寄ってみて下さい。

写真は当日振舞う甘酒です。
去年はとても好評で大人気でした。
簡単なレシピも用意していますので
ご家庭で作ってみてはどうでしょうか?
先着300名様に両関の美味しい板粕も
プレゼントさせていただきます。

100_0245

 

 

 

 

< 両関酒蔵開放 >

場所 :両関酒造株式会社  
日時 :平成22年2月13日(土) AM 10:00〜PM3:30(最終受付3:00)
参加費 :無料 (定員300名)  ※予約はいりません

お問い合わせは両関酒造の高柳・藤原(0183-73-3143)までお願いします。

両関HP http://www.ryozeki.co.jp/index.html



Comments(0) TrackBack(0)


酒蔵開放2010 その4
2010年02月02日

今日湯沢市は雪も降らず天気もいいのですが、東京は雪が降っているそうですね東京の人はちょっと雪が降るだけで大変だと思いますが、湯沢市はこの時期は雪が降らないと大変です。
なぜかといいますと2月13-14日は湯沢市伝統のお祭りである「犬っこまつり」があるからです。
犬っこまつりとは湯沢市で約400年間続いていて、雪のお堂や犬っこを供え
盗難魔除けを祈る幻想的な民俗行事のことです。
毎年全国から多くの方がこの犬っこまつりに見えられています。
雪を使ってお堂や犬っこを作るので今みたいに雪があまりない状態だと
遠くから会場に雪を持ってきたりしないといけないので作るほうは大変です。
両関でもお堂を作る予定ですので、今からでも雪が降って犬っこまつりが
大成功するように願っています。
2月13日の犬っこまつり初日は両関でも酒蔵開放を開催していますので
犬っこまつりの後にでも参加してみてはどうでしょうか?
お待ちしております。
尚、犬っこ祭り会場と両関酒蔵開放ではこの時期限定の
犬っこまつりラベルのお酒を販売しております。
毎年すぐ完売してしまう人気商品ですので興味のある方はお早めに!
(たっくん。)
犬っこラベル








< 両関酒蔵開放 >

場所 :両関酒造株式会社  
日時 :平成22年2月13日(土) AM 10:00〜PM3:30(最終受付3:00)
参加費 :無料 (定員300名)  ※予約はいりません

お問い合わせは両関酒造の高柳・藤原(0183-73-3143)までお願いします。

両関HP http://www.ryozeki.co.jp/index.html



Comments(0) TrackBack(0)


古き良きもの
2010年01月29日

100_0231100_0229






100_0235100_0232







今日の湯沢は天気は良かったのですが道路がツルツルに滑って大変でした
この頃は雪の降る量も少なくて犬っこまつりが心配です。
さて、今回公開している画像は両関の蔵の奥に眠っていた酒造りの道具です。
蔵見学に来られたお客様にお見せしたく奥の方から引っ張ってきました。
私も初めて見るものが多いのですがその趣には感心させられます。
今でも使われている道具や今ではほとんど使われていない道具まで
様々あります。
昔の蔵人さん達がこの道具を使って仕事をしていたのを想像すると
感慨深いものがあります。
一見何に使われた道具か分からないものもありますが、簡単な説明も
ありますのでそれを見て昔の酒造りを想像してみても面白いかと思います。
蔵の入口のすぐ近くに展示してありますので見学にいらっしゃった際には
是非ともご覧になってください。

(たっくん。)



Comments(0) TrackBack(0)


酒蔵開放2010 その3
2010年01月25日

藤田画伯











先日「開運!なんでも鑑定団」で放送された藤田画伯の絵の
反響はすごいものがあり、改めてテレビの力を実感させられました。
それと同時に「藤田画伯の絵を見ることができないか?」というお客様の
声もありました。
蔵の中にでも展示できればいいのですがもの凄く貴重な作品ですので
(奥のほうに眠らせておいてこんなこというのもなんですが....)
なかなかそうはいきませんでした。
ですので今年の酒蔵開放ではテレビで放送された藤田画伯の絵を
一般公開させていただくことになりました
日本と世界の芸術に多大な功績を残した藤田嗣治の作品が
長い時を経て今甦ります。
是非とも両関酒蔵開放でご鑑賞ください!

< 両関酒蔵開放 >

場所 :両関酒造株式会社  
日時 :平成22年2月13日(土) AM 10:00〜PM3:30(最終受付3:00)
参加費 :無料 (定員300名)  ※予約はいりません

お問い合わせは両関酒造の高柳・藤原(0183-73-3143)までお願いします。

両関HP http://www.ryozeki.co.jp/index.html



Comments(0) TrackBack(0)


酒蔵開放2010 その2
2010年01月22日


   

造りの様子  もと



造りの様子  麹室








通常お酒の仕込み作業は午前中のみに行います。
この時間帯は蔵人さん達が全身全霊をこめて酒造りに
集中しているので滅多な事では連絡も取れません。
ですので我々従業員でもなかなか蔵人さんの仕込み作業は
見ることはできません。
今年の酒蔵開放ではその貴重な仕込み風景の見学に
30名様限定でご案内します。
なにぶん狭い場所ですのでどうしてもご案内できる人数が
限られてしまいます。
定員になり次第締め切らせて頂きますのでご希望の方は
蔵開放当日お早めに起こし下さい。
尚、見学できる時間帯は 午前中の10:00・10:30・11:00 
の3回になります。
このチャンスをお見逃しなく
(たっくん。)

<両関酒蔵開放>

場所 :両関酒造株式会社  
日時 :平成22年2月13日(土) AM 10:00〜PM3:30(最終受付3:00)
参加費 :無料 (定員300名)  ※予約はいりません

お問い合わせは両関酒造の高柳・藤原(0183-73-3143)までお願いします。

両関HP http://www.ryozeki.co.jp/index.html



Comments(0) TrackBack(0)


前のページへ   次のページへ