両関ブログ     
両関ブログ     
   
『酒蔵開放』〜両関本舗〜
2009年01月21日

はぁ〜・・・暖冬なんでしょうか???(-ε-)
今日は曇り空 春先のようなお天気です。
底冷えしますけど、"真冬”の厳しさがありません。
心配なのは、もちろんモロミの発酵、、、と、各地の雪祭り。。。
少しずつ雪を集め始めているんでしょうか?毎年大変です。


午後からこっそり(?)モロミを覗きに行ってみました。
先日仕込んだ大吟醸酒です。綺麗な泡がプチプチと上がって、
とてもい〜香りがします。(⌒-⌒)

 

39号モロミ




少しずつ吟醸酒の風格を出し始めたといったところでしょうか。


さて、2月14日に開催される両関の『酒蔵開放』
当日は湯沢の小正月行事「犬っこまつり」の初日ということも
あって、例年沢山の方にご来場頂いております。



両関本舗看板




その、シンボル的な建物は、平成8年度、国の登録有形文化財に指定。
大正十二年に改築された商家風の木造建築です。
威風堂々とした母屋を見上げると、妻飾りを前面に意匠化され、
当時の酒造業の躍進振りが想像されます。
二階に掲げられた看板も、「舗本關両」と旧字体で右から左に書かれ、
時代を感じさせてくれます。夜は明かりも点きます。
両関を訪れたら、まずはこの母屋の建築様式と、看板を見上げてみて下さい。



雪囲い



道路側に面した一階部分は、事務所を兼ねた住宅になっています。
除雪される雪から建物を護るため、冬にはご覧のように雪囲いされています。
今日は雪が融けて路面も乾いて、まるで春先のようでしたが、
冬は一晩で景色が一変しますから油断できません。
秋田では、けして珍しい光景ではありませんが、大事に保護することで
長く建物を維持し、時代を後世へと繋げることが出来ますね。(・∀・)


前の通りは、旧国道になっている為、旧市内へと入る車からは
いつでも見ることが出来ます。が、中はこの建物以上に広いのです。
入り口の扉を開けると・・・。つづきは次回。( ̄ー ̄)


(BY YOKO )



Comments(0) TrackBack(0) 工場見学 
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔