両関ブログ     
両関ブログ     
   
本日の酒蔵 〜晦日〜
2008年12月30日

朝から冷たい雨が降り、先日とは一転、積もった雪も融けだしました。
雨で濡れた路面は所々滑って、ちょっと危険!(((( ;゚д゚)))



今日は、三十日。明日は大晦日。でも、いつもと同じ一日が流れていきました。
お酒の出荷も昨日でほぼ終了。今日は、出荷場もコンテナーやパレットを片付けて、
午後からは大掃除です。石畳の上に水圧で水を掛けて洗い流していきます。
水跳ねを避ける為、壁やガラス戸に覆いをして作業していました。
綺麗に洗い流された後は、清清しく、新年を迎える感じがしますね。




大掃除(1)大掃除(2)




こちらも少しずつ片付けようかと思っていたのですが、
麹室のKさんから、切り返しの箱に掛けている布を縫ってほしいと
頼まれていたので、急いでミシンの前に。
「急がねくていど。年内に仕上げでければ。(秋田弁解説:
急がなくてもいいよ。年内に仕上げてくれれば。)」
「はぁ〜い!了解。」・・・って、明日までじゃないですか!( ̄▽ ̄;)!!




ミシン




慌てて寸法を計り、鋏で裁断。といっても、かなり大きな布です。
幅3.5メートル、長さ7メートルほどもあります。布に振り回されそう。
長年使い慣れた足踏みミシンをよっこらしょと引っ張り出し、
でっかい布を引きずりながらミシンの前へ。 ん〜っ(`ヘ´)

 
博物館行きのようなこのミシン、トヨタ製の年代モノです。
これを操作できる人も、数少ないのでは?
キコキコ、キコキコ、、、(´−д−;`) フゥ〜。。。
やっとのことで、夕方まで仕上げました。
縫い目は・・・なにせ古い機械なもので・・・。
破れないことを祈るばかりです。ヾ(=^▽^=)ノ



ともあれ、年内の納期(?)に間に合い、これで年を越せそうです。
後片付けを終え、すっかり暗くなった夕方、帰り支度をして玄関に向かうと、
内蔵の脇にある休憩室の灯りだけが、ぼんやりと明るく光って見えます。
晦日の夜も変わらず蔵人の誰かが、泊りがけで仕込み蔵の管理をします。




宿直




外に出ると、大きな湿った雪が空からぼたぼたと落ちてきました。
両関本舗の灯りの中で、今夜も「酛」や「醪」が少しずつ成長していきます。
朝までに、雪も随分積もりそうです。。。明日は大晦日。。。




晦日の雪



(by yoko )



Comments(0) TrackBack(0) 蔵人 
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔