両関ブログ     
両関ブログ     
   
本日の酒蔵 〜モロミ・上槽〜
2008年11月25日

いきなり訪れた冬将軍も、今週は少しおとなしくなりそうです。
まだ、根雪には早い時期ですものねφ(.. )

連休が明けると、毎日観察してきたモロミ君も既に絞ってもいいタイミングを迎えたようです。
早速、攪拌機でモロミを掻き混ぜながら、別室にある「圧搾機」へと送られます。

連続式の圧搾機は便利に出来ていますね。
人手が要らなくなってしまいました。
自動でモロミを運んでくれて、ゆっくりと漉しながら白いモロミを絞って透明な「新酒」にしてくれます。w(゚o゚)w オオー!
「槽口(ふなぐち)」の新酒は爽やかな香りを漂わせ、色は黄金色をしています。
花に例えたら、まだ若い蕾のような硬さが残る状態・・・とでも表現したら良いのでしょうか。
とてもフレッシュな感じです

夕方までにはモロミの入っていたタンクは空になるでしょう。
出来立ての新酒は、更に「濾過」して清澄にした後、「火入れ(熱殺菌)」をして、「貯蔵・熟成」の為のタンクへと送られます。

仕込みから約25日ほど掛けて、一本のモロミが完成します。
これから先、まだまだ「製品」になるまでには「時間」というもう一つ大切なステップが待っています。
このモロミ君がお客様のお手元に届くまで、大切に管理しないといけません。(・◇・)ゞ
それにしても、新酒のこの香りと味を直接お届け出来ないのが・・・。
(by yoko )

18号圧搾 撹拌

18号圧搾機18号 槽口



Comments(0) TrackBack(0) 酒造り 
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔