両関ブログ     
両関ブログ     
   
本日の酒蔵 〜麹〜
2008年10月28日

おはようございます(_ _)

少し涼しくなりました。
まだまだ10月とはいえ 時雨れるほどではありませんね。
でも、北海道では今週 雪の予報が出されているようですね。
少しずつ"冬”に向かっています。
皆さん、風邪などひきませんようご自愛を。

さて、昨日の続きです。

蒸し米が機械から送られる先は・・・まず始めに麹を造るために麹室に運び込まれます。
麹は、お米を溶かしてくれる働きと、でんぷんをブドウ糖に変える働きがあります。日本酒を造るためには欠かせない大切な役割を持っています。
日本酒独特の香りや味を出す働きも。
縁の下の力持ちですねv( ̄∇ ̄)v

丸二日間、麹室(こうじむろ)の中で温度・湿度を上げて管理される特別待遇です。
真冬でも室の中は真夏のような温度。
裸で床揉みする姿はよくTVで見ることがありますね。

三日目の朝に室から外に出されます。
パラパラになった麹は、室に入ったときとは"別物”といった感じです。


   麹 (3)   麹 拡大


ちょっと つまみ食い
ぽそっとした感触で、ほのかな甘みが口に広がります。
噛むほどに美味しく感じます。
甘酒のもとですからね。
香りもホクホクとした栗のような香りです。

麹ができても、酒造りはまだこれから。
少しずつ前進していきます。

(by yoko )

 
  

      



Comments(0) TrackBack(0) 酒造り 
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔