両関ブログ     
両関ブログ     
   
湯沢の名水・力水
2008年10月16日

今回は全国の名水100選にも選ばれている力水についてお話します。
湯沢は古くから水と緑に恵まれた佐竹南家の城下町で、力水は
当時の殿様に「飲むと力の出る水だ」と愛飲されていたそうです。
その影響で昔から力水は市民の間でも愛されていて   力水3
今でもなお、水汲みに来る人が絶えません。
湯沢市民の方だけではなく県外からわざわざ
汲みに来る方も多いそうです。
日本酒の80%は水で出来ていると言われています
のでここ湯沢市が酒造りが盛んなのも当然だと思います。
写真の力水を大きなボトルを持ってきて汲んでいる
光景は湯沢ではもうお馴染みのことです。
江戸時代でもこれと同じような光景が
あったと思うとちょっと感慨深くなりますね
両関のお酒は力水の伏流水を使っているお陰で
湯沢でしか造れない繊細で力強い日本酒が
                出来ます。
                (総務・トム・ヨーク)



Comments(0) TrackBack(0) 地域情報 
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔