両関ブログ     
両関ブログ     
   
今夜の肴は 〜野菜スープ〜
2008年10月09日

    蕪のスープ・1  蕪のスープ・2

 
 沢山採れたからと、二十日大根をいただきました (^∀^)
 ありがたい事です。

 
 長さ5センチほどの小さな大根、といった感じです。かわいらしい姿です。

 
 これを酒の肴に・・・と思いついたのが「野菜スープ」。
 はて、日本酒に合うんだろうか???との疑問も「食べてみたい!」という食欲の前には大した障害にもならず、いそいそと家路を急ぎました 

 
 秋の夕暮れは「つるべ落とし」の如く・・・「つるべ」を知っている人がどれほどいるのでしょう?疑問です φ(.. )

 
 とっぷりと日も暮れ、帰宅時にはもう既に夕食の真っ最中 ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
 でも、そんなことはどうでも、とにかくお料理、お料理・・・。

 
 ・・・なかなか煮れません。以外に頑固な二十日大根。春のものとは性格が違うのでしょう。小さいくせに、しぶといです ( ̄‥ ̄)=3 フン

 
 二十日大根の他に、玉ねぎとこれも頂き物の真っ赤なパプリカも一緒にお鍋の中です。
 シンプルにコンソメで味付けを、っと!?固形スープがありません!!
 ・・・で、ちょっぴり中華風になりました (⌒-⌒)

 
 野菜の甘みがとても優しい味になって、秋の夕餉にはぴったりのスープです。
 上の写真は、白っぽい陶器の器と、川連漆器のお椀とそれぞれ別の器に入れてみました。
 
 
 器が違うだけでこんなに印象が変わるものですね w(゚o゚)w オオー!
 和食は目から・・・家庭料理でも器使いを楽しんでみると以外に面白いですね。

 
 心配していたお酒は・・・というと、なんと我が両関の「酒楽会」で妹が「隠し酒」をゲット!(゚ロ゚;)エェッ!? 
 でかした!!

 
 ということで、写真の隅に小さくほんの僅かに見えるのが、その大吟醸酒です('▽'*)ニパッ♪ 
 ちょっと、いただきました。

 
 ふわっと鼻腔をくすぐる吟醸のいい香り
 甘いスープに合うも合わないも・・・。

 
 味覚の秋は食材のオンパレード♪ 
 秋の夜長を美味しい手料理で楽しむのもなかなかいいものですね 
 ますますお酒が美味しくなります 

 (by yoko )
 



Comments(2) TrackBack(0) 食とお酒 
 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by DESPERADO    2008年10月09日 21:43
5 う〜ん、美味しそうですね。
私は漆器の方を選びそうです。
「つるべ」、我が家ではその昔・・・
ン10年前まで「つるべ井戸」でしたので
言葉の響きに懐かしさを感じます。
ところで「隠し酒」なる超大吟醸酒、
手に入れる方法はあるのでしょうか?
2. Posted by yoko    2008年10月10日 09:39
DESPERADOさん、コメントありがとうございます。m(__)m
古井戸がお在りだったのですか。いいですねぇ。
ご質問の「隠し酒」ですが、年一回の「両関酒楽会」でのみ
お味見できるという代物で、運が良ければ抽選会でもらえます。
残念ながら市販していないのですよ。
一番近い味は「両関 しずく酒」でしょうか。
こちらも、年一回だけしか詰められない貴重な大吟醸原酒です。
開栓した時の立ち上がる香りにクラッとしますよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔