両関ブログ     
両関ブログ     
   
マル特情報 NO.17
2008年08月07日
006666d3.jpg今日のマル特情報は、湯沢市の「七夕絵どうろうまつり」をご紹介します。
約300年前の元禄年間、京都の関白鷹司家から湯沢の佐竹南家義安公におこし入れされた姫君が、京への郷愁の思いを五色の短冊に託し、青竹に飾り付けしたのがはじまりといわれています。
このおまつり期間中、湯沢市中心部の家々の門前には立派な青竹に赤、青、黄、緑、紫の五色の短冊や吹き流しが飾られ、目抜き通りには美人画や武者絵が描かれた大小三百もの絵灯ろうがつるされます。
また、お祭り期間の8月5日〜7日は、両関の前にも横3m60僉⊇庁m40僂粒┐匹Δ蹐Δ飾られます。是非皆さん、夕暮れ時両関にも足をはこんでみてください。とても幻想的で優雅ですよ。
(ホークマン)


Comments(0) TrackBack(0) 旬な話題 
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔