両関ブログ     
両関ブログ     
   
槽場(ふなば) −蔵探検記(9)−
2008年05月31日
c7663b8d.jpg 5月最終日というのに、朝からあまり気温が上がらず、肌寒い風が吹いています。明日から衣替えというのにこの寒さ、ちょっと気になります。
 見学のお客様には、一号蔵の前でサンダルに履き替えをしていただきます。外から持ち込まれる雑菌をなるべく少なくするための履物交換、生き物であるお酒を大事に守るための「ひと手間」でもあります。ただ準備している履物の数が限られているため、一回にご案内できる人数は30名程度が限界、大人数の団体の場合は分けてご案内せざるを得ません。
 大きなガラス戸を開けて中に入れば、そこは「槽場(ふなば)」。ほどよく熟成したと判断した「醪(もろみ)」を搾る場所です。朱塗りの四角い箱型の機械が鎮座していますが、これは私どもは形が舟に似ているので「槽(ふね)」と呼んでいる、昔ながらの搾り機です。
 中に醪を入れた酒袋を並べて積み上げ、上からギューッと圧力をかけていけば、袋の中には固形分(酒粕)が残り、外に液体分が出て来ます。液体分は絞り立ての生酒で、下の抽出口(槽口;ふなくち)からチョロチョロと流れ出て来る仕掛けです。槽口の真下の床に穴を作り、そこにガラス製の斗壜(丸くてずんぐりした形の一斗壜)を置いて、お酒を受けていました。
 機械搾りが主流となった今ではほとんど使われることがなくなってしまいましたが、当社では見学のお客様に昔の酒造りの様子をイメージしてもらうために、1台だけ残してあります。(総務 M.S)

Comments(1) TrackBack(0) 工場見学 
 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by かんつき    2008年05月31日 12:19
5 湯沢市にお伺いして、雪月花いただきました。とても美味でした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔