両関ブログ     
両関ブログ     
   
田植え日和
2008年05月21日
7db3c40f.jpg 強い低気圧が過ぎ去って雨が上がり、数日ぶりに五月晴れになった今日は、絶好の「田植え日和」。実は昨日予定していたのですが、天候を見て一日延期しました。
 当社では原料米の一部(ほんの僅かですが…)を自社栽培しています。湯沢市街の西側を流れる雄物川、その堤防近くにある田んぼで午後から田植えをしました。植えた苗は幻の酒米と言われる“亀の尾”です。
 時代は今から100年以上遡り、明治26年(1893)のこと、山形県の阿部亀治さんという方の田んぼが冷害でほぼ全滅状態になりましたが、その中でたった1株だけ結実した稲を発見しました。その稲を大事に大事に育成し独立した品種として完成させたのが“亀の尾”です。様々な品種改良が進んだ現在は、ほとんど栽培されなくなり“幻の米”と言われています。「夏子の酒」という漫画では、夏子が苦労して栽培する米のモデルになりました。
 秋に収穫した米は、「両関伝説 夢(純米大吟醸)」「両関伝説 朧(特別純米酒)」の原料米の一部として使います。天候に恵まれて、いい米ができることを祈りながら、田植え作業を無事に終えることができました。(総務 M.S)

Comments(0) TrackBack(0) 旬な話題 
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔