両関ブログ     
両関ブログ     
   
現場を初体験 〜美短演習(3)〜
2008年05月01日
4a52c722.jpg ひととおり「酒造り」や「ラベル」の知識を学んだゼミ生の皆さん。次はいよいよ蔵の中の見学です。15名の中に湯沢市出身の方はいませんでした、大部分は初めての湯沢、初めての講義内容、そして「初めての現場体験」へ出発しました。
 最初は事務所前にぶら下がっている「不思議な物体」=酒林です。4月18日付ブログに詳しい説明がありますが、新酒ができたことのお知らせ、という説明を聞きながら手で触ってみたりカメラを向けてみたりと、興味津々の様子でした。
 通常の見学ルートを離れ、今回は特別に「仕込蔵」もご案内。前段のVTRや講義で聞いたことが、実際はどんな所でどんなふうに作業するのか、現場を見てもらうことで理解していただこうという主旨です。「蒸米機」「麹室」「酒母室」「仕込タンク」といった作業場を順に説明。とくに「仕込タンク」の上部は床に並んだ「マンホール」、蓋を取れば中は深く暗い空間になっています。こわごわ中を覗いてみた人から、喚声が上がりました。
 ゼミ生たちの初体験はまだまだ続きます…。(総務 M.S)

Comments(0) TrackBack(0) 工場見学   旬な話題
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔