両関ブログ     
両関ブログ     
   
DREAM GIRLS
2008年04月22日
15ddfcf0.jpg 「民謡+和楽器+ダンス」・・・昨夜、秋田市の第一会館で『輝け DREAM GIRLS』と銘打ったショーが開催され、約200名の参加者で大いに盛り上がりました。
 浅野梅若社中の若手ホープ、浅野江里子(梅若さんのお孫さん)、浅野晴香、浅野婦美子の3名が「DREAM GIRLS」というユニットを組み、和楽器兄弟ユニットの「安藤兄弟」と「ダンスアベニュー スタジオS」のメンバーをゲストに迎え、唄あり踊りありのショーを繰り広げました。
 浅野江里子さんは秋田県民謡12曲の全県大会うち9曲で優勝タイトルを持っているという民謡界の若手実力者です。あとの二人は宮崎県と兵庫県から来県、梅若社中の内弟子として修行中とのこと。第一部では着物姿で秋田民謡を、第二部ではドレスに着替えて歌謡曲を披露、唄に合わせてスタジオSのメンバーが華麗に舞うという、見ていても聞いていても楽しいショーとなりました。
 一部と二部の間に登場したのが安藤兄弟。兄が太鼓、弟が篠笛でオリジナル曲を演奏しましたが、これも舞台狭しと動き回るエネルギッシュなパフォーマンスで、客席から手拍子・掛け声が上がっていました。
 第一会館さんでは様々な趣向を凝らして定期的にイベントを開催しています。出演者は地元密着型で社長さん自ら発掘して出演交渉、秋田にもこんな人がいるんだ…、といつも新しい発見をさせてもらえます。ただ変わらないのは、両関のお酒を使っていただいている点。昨夜のショーでも「冷用両関」がいくつかのテーブル並べられ、皆様にご好評をいただきました。(総務 M.S)

Comments(0) TrackBack(0) 地域情報 
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔