両関ブログ     
両関ブログ     
   

2008年11月



本日の酒蔵 〜酒粕〜
2008年11月27日

今朝はとても寒い朝でした。(T_T)
外は一面真っ白な霜で覆われていました。
日陰には、まだ融け残った雪が少しありますが、日のあたる場所はもうすっかり姿を消してしまったようです。
雪が積もっていたほうが、暖かいような気がしますね。


さて、一月近く見守ってきました『モロミ君』は、既に圧搾機で絞られ、
影も形も無くなってしまいました。
黄金色の液体になって生まれ変わったようです。(☆゚∀゚)
圧搾機の板を剥がしてみると、

板粕 (1)
ご覧のような状態で、酒粕が板にくっついています。
上手に剥がさないと、形が崩れて下にバラバラと落ちてしまいます。

 
 この日は、板状のまま形を整えて、袋詰め作業をしました。



袋の形に合わせて整えるため、包丁で切り、重さを量って一つずつ袋詰めしました。
(見た目は、書類の山のようです・・・)
寒い場所での作業ですけど、完全防寒スタイルで作業を進めました。
・・・夕方までかかってもはかどったところが見えなくて・・・(T_T)


板粕 (5)板粕 (3)板粕 (4)


板状の酒粕は、甘酒のモトにしたり、粕汁にしたりします。
年配の方からは、焼いて砂糖醤油を付けておやつ代わりにしたものだ、と教わりました。
今は、焼酎の原料にしたりもします。
以前ほど粕が多く出ませんから、今では貴重な「副産物」ですね。
(by yoko )

 



Comments(0) TrackBack(0) 酒造り 


本日の酒蔵 〜モロミ・上槽〜
2008年11月25日

いきなり訪れた冬将軍も、今週は少しおとなしくなりそうです。
まだ、根雪には早い時期ですものねφ(.. )

連休が明けると、毎日観察してきたモロミ君も既に絞ってもいいタイミングを迎えたようです。
早速、攪拌機でモロミを掻き混ぜながら、別室にある「圧搾機」へと送られます。

連続式の圧搾機は便利に出来ていますね。
人手が要らなくなってしまいました。
自動でモロミを運んでくれて、ゆっくりと漉しながら白いモロミを絞って透明な「新酒」にしてくれます。w(゚o゚)w オオー!
「槽口(ふなぐち)」の新酒は爽やかな香りを漂わせ、色は黄金色をしています。
花に例えたら、まだ若い蕾のような硬さが残る状態・・・とでも表現したら良いのでしょうか。
とてもフレッシュな感じです

夕方までにはモロミの入っていたタンクは空になるでしょう。
出来立ての新酒は、更に「濾過」して清澄にした後、「火入れ(熱殺菌)」をして、「貯蔵・熟成」の為のタンクへと送られます。

仕込みから約25日ほど掛けて、一本のモロミが完成します。
これから先、まだまだ「製品」になるまでには「時間」というもう一つ大切なステップが待っています。
このモロミ君がお客様のお手元に届くまで、大切に管理しないといけません。(・◇・)ゞ
それにしても、新酒のこの香りと味を直接お届け出来ないのが・・・。
(by yoko )

18号圧搾 撹拌

18号圧搾機18号 槽口



Comments(0) TrackBack(0) 酒造り 


初しぼり、はじまりました!
2008年11月22日

酒林1酒林2             







以前このブログでもお伝えした酒林(杉玉)が今年も新しくなりました。
画像の左側がつい数日前までの杉玉で右側が昨日新しく替えたばかりの
ものです。
このように酒蔵では新酒が出来たときに酒林を新しくして「今年も新酒ができました!」と地元の皆さんや蔵に訪れた方にお知らせします
ただ酒造りの本番はこれからですので社員一同身が引き締まる思いが
します 
これからの蔵人さん達の酒造りの様子はyokoさんがばっちり
お伝えすると思うので温かく見守って下さい。

それと22日から両関・初しぼりが発売となります。
例年より出来がいいとの話を聞きましたので是非とも
お試しください。このお酒は季節限定品ですぐに売り切れて
しまう恐れがありますので御注文はお早めに
(総務・たっくん。)
                            
初しぼり
                                                                     



Comments(0) TrackBack(0) SAKEトーク 


本日の酒蔵 〜モロミ・19日目〜
2008年11月21日

冬将軍がやって来ました
いきなり大量の雪です∑(`□´/)/
雪国の皆さん、車の運転、雪道での転倒お気をつけ下さい。

さて、モロミ君もそろそろ出来上がりが近づいているみたいです。
仕込んでから19日目を迎えたモロミ君、すっかり見た目はおとなしくなっています。
でも、良く目を凝らして観察してみると、小さな泡が時々プチンと浮き上がってきます。
「もうそろそろいいかなぁ〜」と思っているのでしょうか(⌒-⌒)

タンクの縁が断層のようになっているのは、発酵しているうちにガスになって蒸発した部分です。
こんなにモロミが下がってしまうのですね。20センチぐらいは下がったでしょうか。
もったいないような・・・でも、きちんと発酵している証ですから。

香りも上々
来週始めには、黄金色の新酒になって生まれ変わると思います。
どんな色になって絞られるのか、楽しみですね。お楽しみに
 (by yoko )

18号19日目 (1)

18号19日目 (2)18号19日目 (3)



Comments(0) TrackBack(0) 酒造り 


雪、始めました。
2008年11月20日

今年も雪の季節がやってまいりました。
今日の湯沢市は約20cmの雪が積もりました
私は寒いのは苦手ですがやっぱり雪が
降って寒くならないと酒の造りにも
売上げにも影響してしまいますので
酒屋にとっては喜ばしいことです。
今日からスノーダンプを出して雪よせが始まりましたが
うちは酒屋の宿命かメタボな方が多いのでいい運動に
なって返っていいのかもしれません。 
雪国の皆さん、頑張って冬を乗り切りましょう!! 
(総務・たっくん。)
秋田のリチャード・ギア雪ふりました1


雪ふりました2



Comments(0) TrackBack(0) 地域情報 


バーテンダー
2008年11月19日

先日11月16日に秋田キャッスルホテルにて全国バーテンダー技能競技・東北大会が行われました
秋田県代表として湯沢駅前にあるバー・ポケットの兼子広幸さんが出場して
見事総合2位に選ばれました
兼子さんは今まで2回もこの大会で優勝していますので満足のいくもの
ではなかったかもしれませんが東北2位はさすがです。
自分の街にこんな凄いバーテンダーがいるというのは嬉しいものです。
来年は全国大会があるそうですのでそちらでも頑張ってほしいですね。
兼子さんなら全国制覇してしまうかもしれません。
ちなみに昨日の夜はバー・ポケットにお邪魔して来ちゃいました
今度は日本酒を使ったカクテルを作ってもらおうかな.....
(総務・トムヨーク)



Comments(0) TrackBack(0) 地域情報 


本日の酒蔵 〜モロミ・14日目〜
2008年11月15日

週末です
土曜日も働きました・・・モロミ君も(・◇・)ゞ
 
18号14日目18号14日目 (2)


18号14日目 拡大


モロミはご覧のようにあまり表情を変えておりません。
それでも、よく観察していると、時々プチンと小さな泡がところどころから出てきます。

写真では良く分かりませんが、まだまだモロミの中では酵母菌が
元気に活動をしているようです(^∀^)

香りもどんどん良くなっているようです。
毎日モロミに丁寧に櫂を入れています。
重労働ですが大切な仕事ですので、手を抜けません。
モロミ君の頑張りを助けるためにも、絞る日まで大事に管理していきます。

来週には立派な"大人”のモロミ君になっていることでしょう(*'-'*)

(by yoko )



Comments(0) TrackBack(0) 酒造り 


本日の酒蔵 〜モロミ・12日目〜
2008年11月13日

本日も晴天です。
朝の冷え込みも連日「この秋一番」更新中ですね( -д-)ノ

今日も、蔵を訪れる方が朝から大勢いらっしゃいました。
午後には、岩崎小学校の皆も「工場見学」しに来てくれました。
皆、熱心にメモをとっていたけど、勉強になったかな・・・(^_^)ニコニコ

さて、本日のモロミはどんな感じでしょう。
18号12日目 18号12日目 (3) 

18号12日目


泡はすっかり無くなっています。
少し表面が蓋を被ったのような感じですね。

タンクの縁に顔を近づけて、手のひらで中の空気をかき上げてみると、
ちょうど、もぎたての新鮮なりんごをパリッと割ったときのような甘酸っぱい
美味しそうな香りが“ブワッ”と顔を直撃

ふぁ〜(*´∇`*) いい香りです〜

アルコールも既に13度を越えています。
もう立派な「お酒」ですね。
でも、まだまだアルコールを出してくれます。
やっと折り返し地点といったところでしょうか。
完成が待ち遠しいですね(^∀^)
(by yoko )

 



Comments(0) TrackBack(0) 酒造り 


本日の酒蔵 〜モロミ・10日目〜
2008年11月11日

寒い朝でした
朝早く、外は一面の“霜”!
朝日に照らされ、キラキラと綺麗な景色でしたが・・・
かじかみそうなほど寒かったです。
お陰で日中は晴天のようでしたが。

冷え込むと酒造りには好条件になるのですが、
働くこちらは (´−д−;`)・・・

そんな酒蔵の件のモロミは如何になっているだろうと、
タンクの蓋を開けてモロミを観察してみました。
18号10日目 (1)18号10日目 タンク内側

18号10日目 拡大






・・・(゚∇゚ ;)エッ!?
あっ、泡が・・・無くなってる!?
先週末、モコモコとした泡に覆われていた表面が、
平らになっています。
良く見ると、小さなツブツブの泡が表面に浮かんでいます。
「玉泡」と言われる状態ですね。
それもかなり小さくなっています。

実は、この頃モロミの中では、酵母菌が活発に活動をしています。
泡が落ち始める頃が一番アルコールを出してくれるようです。
大体、一日1%ぐらいずつアルコールを上げてくれます。
香りも、タンクの蓋を開けた途端、ふわっと顔を包むような
フルーティーな香りがします

でも、出来上がりまではまだまだです。
ちょうど中盤に差し掛かったところでしょうか。
これから先は、あまり目に見えて変化することは無いのですが、
中では最後の追い込みとばかりアルコールを出し続けます。

出来上がりまであともう一息。
ガンバレ!モロミ君

(BY YOKO )



 



Comments(0) TrackBack(0) 酒造り 


本日の酒蔵 
2008年11月07日

今日は「立冬」。
暦どおりに、この週末 お天気は冬型になりそうです。
まだ山には色付いた木々が「晩秋」を演じているようなのですが・・・。

工場見学   そんな時雨の頃でも、蔵を訪れてくださる方々が沢山いらっしゃいました。
   蔵の中でお酒の説明を受ける方々。
   ご年配の方が多かったようです。
   蔵に漂うお酒の香りに酔わなかったでしょうか
                                                          
                                                         

蔵の外は雨が降り始めていました。               
雨が止むと、酒蔵の裏山はご覧のように紅葉していました。
右手に見えるのは精米所です。この中で米が磨かれ、綺麗な白米に仕上げられます。  
    工場裏山                                                                                                                                                                                                                                                                                                
  
   モロミも順調に育ってきています。
   五日目を過ぎたモロミのタンクはモコモコとした大きな泡が表面を覆っています。
   (写真データが無くてスミマセン(´−д−;`)・・・)
  
   モロミは暫く高い泡の状態が続きます。
   この間徐々にアルコール濃度が上がり、芳香もアルコール独特の香りになってきます。
   
  


重ね重ね“香り”をお伝えできないのが残念です。
泡が落ち始めたらまた状況をお伝えいたします( -д-)ノ

(by yoko )



Comments(2) TrackBack(0) 工場見学 


  次のページへ