両関ブログ     
両関ブログ     
   

2008年07月



震災復興チャリティーコンサート
2008年07月15日
534a177f.JPG 先週末、小安峡温泉で震災復興チャリティーコンサートが開かれました。
 岩手・宮城内陸地震から一ヶ月。損傷した道路の復旧工事も進み、主要道路では夜間を除き、通行可能になりました。が、県を越えた岩手・宮城では被害がひどく、未だに復旧の目途さえ立っていません。国直轄で工事を進めているそうですが、一般車両が通行できる見通しはまだ分からないとか。

 ここに来て、県を越えて訪れる観光客の存在が圧倒的に大きいことに驚きます。県境にある観光地、小安峡も交通量が極端に減り、温泉地は閑古鳥が鳴いています。風評被害も大きく、これは被災地に限ったことではないとか。東北一円が被害を被っていると聞きます。

 そんな中、秋田県出身で元オフコースのドラムを担当していた大間ジローさんがお仲間に声をかけ、実現したのが今回のチャリティーコンサート。当日は、県内外からお客さんが集まり、大間さん率いるユニット「天地人」の熱い演奏が小安峡に響き渡りました。入場料は皆さんからのお気持ちで。沢山の善意が寄せられ、さらにコンサート中盤にはチャリティー・オークションも開かれ、開催地小安峡の人たちも熱い思いに感激していました。

 先が見えない最悪の時こそ、地域力が試される時。観光関係者ばかりでなく、地域住民一人ひとりが協力し合い、元気を取り戻さなければいけないと痛感しました。湯沢雄勝は元気です。美味しい食も、豊かな温泉も変わらずここにあります。どうか、沢山の方が訪れてくださることをお願いいたします。

Comments(0) TrackBack(0) 旬な話題   地域情報


iPhone3G
2008年07月14日
iphone[1]
7月11日iPhone3Gが発売されましたが、あっという間に売り切れで話題も一段落です。湯沢横手地区で何人手にしたんでしょうか?という事でソフトバンク横手2店、湯沢1店に電話してみました。横手2店は、7台ずつ入荷したそうです。湯沢店は、20台入荷しやはり売り切れたそうです。今までの携帯と違い、よりよく利用するにはパソコンと接続し、iTunesのダウンロードが必要で、それも最新版でないとだめらしい。
しかし、メールの添付ファイルで、pdf、パワーポイントが見れるのは個人的には魅力で、その他の多機能にも興味がそそられます。
新発売になったiPhoneですが、中国では、そっくりのHiPhone(ハイフォーン)がすでに発売されたとか、されないとか?商魂たくましいですね!ちなみに、中国の発売は未定です。
このiphone3Gは、アメリカアップル社から発売していますが、アップルと聞くと増田にある「ゆっぷる」という日帰り温泉が頭をよぎります。これは僕だけでしょうか?いずれにしても、しばらく話題が尽きないように思えます。(営業 一杯やっか)

Comments(0) TrackBack(0)


両関ヤンキース試合結果
2008年07月13日
昨日行われました両関ヤンキース(両関酒造の野球チーム)の試合結果を
お伝えします。
本当はお伝えしたくないような結果ですが......
試合は7月12日の12時半頃に湯沢市市営球場で開始されました。
相手はベテラン揃いの湯城チーム。
初回からこちらのエラーで2点を取られましたが
「まぁ、2点くらいすぐに取り返せるさ.....
と少し油断していたのかもしれません。
それからずるずると点を取られ続けるうえに、湯城チームの堅い守備から
ヤンキースは点を取ることが出来ませんでした。
終わってみると7−0の5回コールド負けをくらってしまいました
今年最後の公式戦がコールド負けという残念な結果に終わってしまいましたが
来年こそは優勝目指して頑張りたいと思います。
応援してくれた皆さんありがとうございました。
(総務・トムヨーク)


Comments(0) TrackBack(0) 旬な話題 


がんばれ。小安温泉郷
2008年07月11日
2a6df768.jpg先の岩手・宮城内陸地震で、経済的な打撃を受けている秋田県境の観光地ですが、栗駒山荘をはじめとして、現地の方々が努力を続けておられます。
私もお世話になった先輩のそば屋さんに言って参りました。
『そば処 惣兵衛』
被害は、器やグラス等が割れたそうですが、肝心の蕎麦は大丈夫でした。
皆様も応援よろしくお願いします。
(総務YI)

追伸:
全く関係ない話ですが、今までやっててやっと”LINK”の使い方が分かりました。
ハズカシイ(^^ゞ

Comments(0) TrackBack(0) 地域情報 


マル特情報 NO.13
2008年07月10日
今日のマル特情報は、両関ヤンキース(野球チーム)の試合予定をご紹介します。
今週の土曜日に第31回東日本軟式野球大会第二部 湯沢雄勝地区予選が21チームで争われます。
開始予定時間は12:30。場所は湯沢市営球場です。
対戦相手は湯城クラブさんと小野建設さんの勝者になります。
両関ヤンキースのコンディションはまずまずみたいですが…初戦はエースを温存する話です。
みなさん是非、球場に足をはこんで応援してください。(ホークマン)


Comments(2) TrackBack(0) 旬な話題 


知事との意見交換会
2008年07月10日
fa910de0.JPG 昨日(7月9日)、寺田秋田県知事との意見交換会に出席して参りました。場所は湯沢市中心市街地にあります「市民プラザ」。蒸し暑い昼下がり、自転車をこいで会場へと向かいました。

 先月発生した岩手・宮城内陸地震により、湯沢市の観光産業は大きなダメージを受けています。特に岩手・宮城両県に隣接する小安峡温泉、須川高原にある栗駒山荘などは、被災した道路の復旧工事は済んだものの、生命線ともいえるR398(宮城県境)R342(岩手県境)ともに両県側で寸断され、復旧の目途すら立たない状況です。これにより、越境して来られる観光客が大幅にダウン。また、地震を心配してのキャンセルが相次ぎ(殆んど被害の無いR108沿いの秋の宮温泉郷までも)、かき入れ時の夏休みから紅葉のシーズンに掛けてのキャンセルまであるとか。風評被害はこれから益々拡大しそうな状況です。
 
 県ではこうした湯沢雄勝の観光産業の支援に早くも乗り出してくれましたが、さらに直接知事と意見を交わして現地の実情を理解し、具体的な改善策や計画案の前倒しを検討してくれるということでした。
 
 4市町が合併した湯沢市は、域内に三つの温泉地を抱え、周辺には川連漆器や稲庭うどん、もちろん清酒産業と他に類を見ないほど観光資源の豊富な地域です。観光は多様な産業と関連する地域振興のリーディング産業といわれ、その経済波及効果は実に55兆円をこえると聞きます。地方の地域人口が減少の一途を辿る中、交流人口増加により地域経済を支えようというのが観光振興の狙いです。勿論、交流するのは首都圏や他県の方ばかりとは限りません。
 
 特に今回は、寸断された道路の復旧に全力を注いでいただく事が何よりの希望ではありますが、誘客の為の新しい周遊ルートの情報発信(県内外に向けて)や、様々なネットワークを駆使して地域の情報を提供していくことが最も大切だと言う意見が多かったようです。これまでの様々な取り組みで知り合った人たちが互いに協力し合い、点が線で結ばれ、やがて面としての「観光地・湯沢雄勝」がより魅力ある地域になってくれることを予感させるような、発展的なご意見を多くお聞きすることが出来ました。

 栗駒山の登山客も少しずつ戻って来たとか。今日(7月10日)から「栗駒山荘」は宿泊も出来るようになるそうです(大パノラマが広がる露天風呂は最高!)。また、7月12日(土)には小安峡温泉にある「重右衛門」さんでチャリティー・コンサートも開かれます。当日は私もお手伝いに行こうと思っています。元気な湯沢雄勝に皆さん是非集まってください!沢山の方のご来湯お待ちしてます!!  (by yoko)


Comments(0) TrackBack(0) 地域情報   旬な話題


嬉しい訪問
2008年07月09日
昨日の話なんですが湯沢駅前にあるビールバー「ロッソコルサ」のマスターが
両関の蔵見学に来てくれました。
つい最近両関社員何人かでお邪魔したときに今度両関まで
遊びに来てくれるようお願いしたのですが本当に来てくれました。
遠方から来てくれるお客様も勿論嬉しいのですが、地元の方が
蔵見学に来てくれるのも同じくらい嬉しいですね。
なんでもマスターはそのうちベルギーまでビール巡りの旅に出る
計画があるらしく、その前に自分の国の酒のことを勉強しなくてはと
思い来てくれたそうです。
大変勉強熱心な方で最後まで興味深そうに話を聞かれてました。
最後の試飲売店でもお店で使いたいとのことで
両関の「梅みつワイン」をお買い上げになりました。
これを冷蔵庫でキンキンに冷やしてレモン汁とクラッシュアイスで
カクテルすると美味しいとのことでした
皆さんもお試しになって下さい。

(総務・トムヨーク)




Comments(0) TrackBack(0) 旬な話題 


クッキングおっさん2
2008年07月08日
66e6d4b1.JPG皆さん、お久しぶりです。“はんぐおーばぁ”でございます。
しばらく間が開いてしまいましたがクッキングおっさん、酒のおつまみ第二弾ご紹介したいと思います。題して“燻製シーフードマリネ” めんどくせ〜名前ですけど作るのはいたって簡単!まず玉ねぎをスライスして水にさらしておきます。次に塩くらげも水にさらしておきます。30分ほどたったらよ〜く水を切りドレッシングと和えます。さてさて、最後に登場するのはなんと、おつまみでおなじみの“いかのくんせい”でございます。これを先ほどのものと一緒に和えて10分冷やすと出来上がりでございます。
燻製の良い香りがドレッシングにマッチして、くらげの食感がコリコリ!今晩は両関亀の尾純米大吟醸“夢”を飲んでゆめみごこちではんぐおーばぁ〜!
(営業・はんぐおーばぁ〜)





Comments(0) TrackBack(0) 商品情報 


両関本舗の小さな光 〜古井戸〜
2008年07月07日
51c66f38.JPG 「灘の宮水」「伏見の七ツ井」銘醸地に名水有り。古くから水に拘って醸されてきた日本酒。両関本舗の母屋にある中庭に、今は使われなくなった古井戸が有ります。
 
 井戸を使っていたのは、明治〜大正期にかけて。古い時代の写真には、櫓を組み滑車を掛けて水を汲む蔵人の姿が写されています。ところが、大正十二年、母屋改築の際、井戸水に鉄分が混入するという騒ぎが起こり、止む無く別の場所から水を求めることとなったそうです。鉄分は日本酒にとって大敵。良水をもって良酒を醸すことを身をもって知っていた先人の苦労が偲ばれます。

 以来、この井戸には蓋が掛けられ、往時の姿がまるで嘘のようにひっそりと草むらに身を潜めています。
 古井戸の周りを覆うように生い茂る草花たちは、気のせいかそこだけがいつも瑞々しい緑に光り輝いているようです。 (by yoko)

 

Comments(0) TrackBack(0) 工場見学 


今夜の肴は 〜ミズの胡麻油炒め〜
2008年07月04日
5b6f124e.JPG シトシトと音をたてて降る雨。ジメジメしたこの時期、湿気で心も重くなります。元気なのは、鮮やかに庭を彩る紫陽花ばかり。と、心の重い原因は他にも。止まるところを知らない原油高。家計を直撃です。毎日口にする食料品もジリジリと値上がり。頭を悩ます日が続きますね。
 こんな時、山菜の豊富な湯沢に暮らしていることに感謝。春の山菜が終わってしまっても大丈夫。秋まで食べられるスグレモノがあります。湯沢近辺では「ミズ」と呼ばれるこの山菜。正式には「ウワバミソウ」と呼ぶそうで、本州全域に分布しているとか。大蛇の出そうな湿った山の傾斜地を好んで群生するため、この名前が付いたそうです。
 湿地の水を吸って育つせいか、まさに“ミズっぽい”山菜です。山菜特有のクセが無く、少し粘りを持っているため、どんな料理にも変身。このところ凝っているのが、胡麻油炒め。表皮をクルリと剥き、一度下茹で。水気をよく切り、胡麻油でさっと炒め、塩・コショウをします。隠し味にひとつまみの砂糖を。仕上げに炒りゴマをパラパラと振って出来上がり。熱々のままでも、冷蔵庫で冷たく冷やしても味がしみ込んで美味です。これを肴に冷酒をキューっと。思わず「・・・ウマッ!」いくらでもいけます。
 でも、湯沢で「ミズ」と言えば、「ミズタタキ」が定番かもしれませんね。ミズ独特の粘りを楽しむ「ミズタタキ」。包丁で良くたたいて味噌で味付け。お好みでニンニクを一緒に混ぜ込むと、もうこれは酒のアテにピッタリ。ご飯に乗せても美味しいもの。この他、春キャベツ、ニンジン、胡瓜と一緒に浅漬けに。新生姜の千切りを入れて味のアクセントにしてもいけますね。勿論、味噌汁の具材にしてもOK。とにかく万能な山菜「ミズ」。
 何処からともなく、夕餉の支度にトントントントンと包丁の連打が聞こえてくると「ミズタタキ?」と思わず微笑んでしまいます。 (by yoko)


Comments(0) TrackBack(0) 旬な話題 


前のページへ   次のページへ