両関ブログ     
両関ブログ     
   

2008年06月



二号蔵 −蔵探検記(12)−
2008年06月18日
e10c11dd.jpg 昨日見学にいらっしゃったのは大仙市からのお客様6名。同じ職場のお仲間と推測いたしましたが、皆さん冗談を飛ばしながら和気藹々の雰囲気でした。売店で人気のあったのは「奈良漬」と「梅みつワイン」。酒蔵ならではの上質の酒粕で、6回ぐらい漬け直しをしている当社自慢の「奈良漬」は、しっかり味が沁み込んでいて、ご飯のお供にもお酒のつまみにも最適です。
 さて蔵探検記は二号蔵へ。明治41年(1908年)の建築ということは、今年でちょうど100年になります。間口8m×奥行56m、137坪の巨大な建物です。見学では中までご案内しますが、皆様一様にまずこの広さに驚かれます。内部には薄緑色をしたエポキシ樹脂製の密閉タンクが両側にズラリ…、片側17本で計34本のタンクが並ぶ光景は壮観です。20,000ℓ入りのタンクで、1升壜に換算すれば約11,000本のお酒が入ります。毎日5合ずつの晩酌を一日も欠かさずに呑んだとしても、約60年かかる計算。よほど肝臓の丈夫な人でない限り、一生かかってもタンク1本呑み干すのは不可能な量です。
 以前「地下鉄の電車は一体どうやって入れたんでしょうね?」という漫才がありましたが、このタンクもどうやって入れたのか、という質問をされるときがあります。答えは・・・昭和39年頃に、蔵の入口から横にして1本ずつ入れたそうです。入口のサイズに合わせて特注で作ってもらったタンクをプロの運び人が持ち込む、これも匠の技といえます。(総務 M.S)

Comments(0) TrackBack(0) 工場見学 


美短プレゼン変更
2008年06月17日
9bccccb7.jpg 6月14日(土)に発生した「岩手・宮城内陸地震」。余震がいまだに続いており、昨夜11時頃には結構強い揺れが来ました。その後も3時台4時台と立て続けに来たため、すっかり目が醒めてしまいました。早くおさまってもらいたいと願うのみです。
 14日に予定していた「美短演習のプレゼンテーション」。1ヶ月余りに渡って、若きクリエイターたちが練りに練った作品が日の目を見る・・・はずでした。酒造会館という湯沢の酒造りの殿堂を会場に、一般市民も参加している場での緊張感溢れるプレゼンテーション・・・になるはずでした。
 当日朝、秋田駅に集合した学生の皆さん、発車直前に起きた大地震で奥羽本線は全面不通となり、湯沢へ来ることはできなくなり、プレゼンも中止せざるを得ませんでした。入念なリハーサルを重ねて、万全の体制で臨むつもりだった皆さんが『22日(日)』に満を持して来湯します。変更後の予定は次のとおりです。
 
 1.日時;平成20年6月22日(日)午後1:00〜4:00
 2.会場;両関酒造本社3F会議室


 
 この日しか日程は取れませんでした。ブログご覧の方で、参加ご希望の方がいらっしゃいましたら、是非ご来場ください(事前電話予約をお願いします)。一週間遅れとなったプレゼン。どんな作品が飛び出すか、ワクワクします。(総務 M.S)
 

Comments(0) TrackBack(0) 旬な話題 


麦屋弥生さん
2008年06月16日
8ed4def6.jpg 14日(土)の朝に突然起こった大きな揺れ。当社の状況については「地震の御報告」にある通り、被害は最小限で済みました。数本の商品破損、一番古い一号蔵正面への亀裂(写真)のほか米蔵の壁破損や大きな額の落下(ガラス破損)などでした。
 ただ思いもよらないところから悲報が届き、絶句しております。
 宮城県栗原市の「駒の湯温泉」の災害現場で昨日遺体で発見された麦屋弥生さん、実は当社とも深い繋がりのある方でした…。湯沢市で昨年度開催した「こまち塾」という地域活性化セミナーのコーディネーターとして来湯したほか、数年前から湯沢のまちづくりに積極的に関わってもらっている方です。
 当社の蔵見学へもお越しいただき、歴史と伝統のある蔵の風情に、「産業観光の目玉の一つとして活用すべき」など地域プランナーの視点から建設的な提言をいただいておりました。来湯の折にはもちろん一献傾け、これからの湯沢の将来ビジョンについて行政・民間を問わず、多くの人と熱く明るく語り合っていただきました。
 並行して栗原市でも、廃線になった第三セクター「くりはら田園鉄道」の保存活用を検討する委員会のメンバーとしてご活躍されており、今回この委員会の会合で同市を訪れ、栗駒の自然を視察するための宿泊先に選んだのが駒の湯温泉だったようです。
 麦屋さんと交流のあった多くの方々から、メールなどで悲運を惜しむ声が寄せられています。あらためて、麦屋さんのご冥福を心からお祈りしたいと思います。(総務 M.S)

タグ:
Comments(4) TrackBack(0) 地域情報 


地震の御報告
2008年06月14日
ブログ本日、8:43頃 地元 湯沢市で 震度5強の地震がありました。幸い、関係者の怪我等は皆無で、蔵の方は、数本のお酒が倒れたり、蔵の壁が少し剥がれたりといった程度で 被害は、ほとんどありませんでした。
ただ、市内では、水道管の破裂やガラスの破損、道路の陥没などの被害があり、商店街でも展示物の破損等があるそうで、自治体や警察・消防の方々が御尽力されておられるようです。
先ずは、ご心配をお掛けした皆様に御報告とお見舞いの御礼申し上げます。
(総務YI)


Comments(0) TrackBack(0) 地域情報 


今夜の肴は 〜竹の子尽くし〜
2008年06月13日
aa11d71e.JPG 忙しい現代人。たまの週末、我が家でゆっくり盃を傾ける時間を持ちたいものですね。あれこれ作るのが面倒。でも、旬の食材なら手をかけなくても美味しく仕上がるはず。そんな湯沢の旬の味覚をご紹介します。

 梅雨前線が南から北上する六月。そろそろ旬の竹の子が市場に並ぶ頃。我が家でも竹の子料理が食卓を飾っています。先日も立派な竹の子を採って来たので、早速竹の子料理のオンパレード。

 まずは、薄く衣をきせた天ぷらを天然塩でパクリ。シャキシャキとした歯触りも良く、甘いコーンのような味がします。
 続いて、やや厚めの削ぎ切りにして卵とじにしたり、鶏肉と柔らかく炊いて味噌仕立ての煮物に。ご飯が進みます。
 私の一押しは、皮付きのまま炭火で炙って焼きたてに味噌を付けて頂く“焼き竹の子”。皮が焦げるまでじっくり焼いて熱々のうちに頂きます。美味!絶品!
 いつものように七輪の前で炭火の番。責任重大。故に時々味見を・・・んっ・・・いける・・・役得。

 爽やかな香りとほのかな甘みに冷酒がぴったり。この日は少し肌寒かったので、いつもの「銀紋」を人肌に温めてキューっと一杯。竹の子をポリッ。贅沢な旬の肴に幸せな夕餉のひと時でした。〆は竹の子の旨みたっぷりの味噌汁で。

 深山に分け入って採る竹の子は危険と隣り合わせ。皆さん、くれぐれも遭難しないように気を付けて竹の子採りをしてくださいね。 (by.yoko)


Comments(0) TrackBack(0) 旬な話題 


マル特情報 NO.9
2008年06月12日
90f5a44d.jpg今日のマル特情報は、道路交通法が平成20年6月1日から一部改正された事についてお知らせします。
みなさんは記憶にありますか?自動車のドライバーと助手席が、シートベルト義務化になったのはいつからか?調べますと…1986年、もう22年もなりますね。
今月の1日からは、後部座席もシートベルト着用が義務化され全座席で着用しなければなりません。
違反をすると一点、(高速自動車国道および自動車専用道路での非着用に限る)です。
もし、後部座席でシートベルトを着用しないで事故に遭うと、後部座席の乗員は体重の約30倍もの力で投げ出されます…
これからも数多くの「両関」を飲む機会があると思います…タクシーで帰宅の時も一般道路だからシートベルトをしなくても違反じゃない!と言わずに…着用して「うまい酒」を楽しんでください。
今回、ご紹介する商品は「雅趣三撰」(がしゅさんせん)です。雪月花180澄μ180澄朧180世隼絢鑪爐入っています。お値段は1800円…可愛い三本セットをご利用ください。(ホークマン)


Comments(0) TrackBack(0) 旬な話題 


春の香りがドレッシングに
2008年06月11日
a2c45f10.JPG ちょっと前のお話になります。
 湯沢文化会館前にお店を構える「シェ・アラジン」さんのオーナー、アオバフーズの菅さんから一本のお電話を頂戴しました。
 菅さん・・・「バッケを使ったドレッシングを開発しました。」
 菅さん・・・「お宅の“銀紋”を煮切り酒にして使わせてもらってます。」
 菅さん・・・「他の酒ではダメなんです“銀紋”でないと。」
 私  ・・・「・・・・・。」
      なんて嬉しいお言葉。・・・“銀紋”でないと・・・。
 菅さん・・・「市の地場産品創出コンクールに出品しようと思ってます。」
 私  ・・・「そうですか。素晴らしい!是非頑張って下さい!!」
 力強いエールを送らせて頂きました。
 で、見事優秀賞に輝かれました!拍手!「おめでとーございます!!」
 ほろ苦いバッケ(ふきのとう)の風味が大人の味のドレッシング。サラダだけでなく、湯豆腐にかけて頂いても美味だとか。これからの季節は、冷や奴がピッタリかも。
 もちろん、ドレッシングとの相乗効果で“銀紋”を合わせるとパーフェクト!
 湯沢市内スーパーマーケットでも販売していました。(もちろん、アラジンさんでも)是非一度お試しになってはいかがでしょう。
(※季節商品ですので、売り切れていたらゴメンナサイ。来春をお楽しみに。)
                           (by.yoko)


Comments(0) TrackBack(0) 地域情報 


ブログ・デビュー
2008年06月10日
439f8502.JPGやっと重い腕(?)を上げ、ブログ・デビューをしようと思います。
毎日古い酒蔵の中を行ったり来たりしています。
長年見慣れた空間(未だ未知の部分もありますが)から、面白い場面を切り取ってご紹介していこうと思います。
「蔵探検記」とは違った目線、斜め45度ぐらいの角度で酒蔵を観察していきます。
さらに一杯機嫌の独り言や、勝手な拘り、そして時折地域のことなど交えながらご紹介出来たらと考えています。『両関本舗』や湯沢の雰囲気をお届け出来たらと思います。
「今夜は“両関”の酒でも飲みながら・・・。」読んで頂けたら幸いです。
折に触れ、キーボードを叩いてみますので、拙文にお付き合いの程宜しくお願い致します。
「酒飲みの拘りはコーだ!」とおっしゃる方も、
「酒蔵ってどんなとこ?」と興味のある方も、ご意見、ご感想、ご質問をお寄せ下さい。
沢山のコメントお待ちしております。 (by.yoko)

PS.写真は小野小町生誕の地湯沢市(旧雄勝町)で毎年6月に行われる「小町祭り」の模様です。


Comments(0) TrackBack(0) 蔵人 


ボランティア活動
2008年06月09日
8f81a0be.jpg 7日(土)は前日からの雨もどうにか上がり、朝から毎年恒例の「ボランティア活動」を行いました。参加者は社員にOBの方々も含めて約50名。社内では「公園施肥」と呼んでいます。
 近くの前森公園には数多くの桜の木があります。毎年春にはきれいな花を咲かせ、市内の桜の名所として多くの花見客が訪れます。ただ老木も多く、少し手入れをしてやらないと次第に樹勢が衰えて来ます。そこで当社では15年ほど前から、花が終わって梅雨に入るまえの今頃の時期に、社員有志で桜に肥料を施す活動をして来ました。
 前日のうちに木の周りの草を下刈りしておき、当日は9チーム+1(OB)で公園全域を手分けして作業を行いました。まず鉄製の棒や鍬で桜の木から2m位の所にいくつか穴をあけます。そこに肥料(主に鶏糞)を入れて土をかぶせ、最後に作業終了の目印として白いビニールテープを桜に巻いて行きます。
 8時30分に開始して約2時間。全員汗だくになりながらの作業になりました。とくに山の斜面を登って行ったチームは、足腰も相当鍛えられたようです。普段からの運動不足解消と来年春にまたきれいな花を咲かせてくれることを願って、初夏の朝に心地よい汗を流しました。(総務 M.S)

Comments(0) TrackBack(0) 旬な話題 


平成の名水百選
2008年06月06日
本醸造冷用酒720ml
環境省は「平成の名水百選」を4日発表しました。
前回のいわゆる「昭和の名水百選」はそのままで、新たに選定したらしいです。前回の「名水百選」は、優れた水質・周辺環境を重視したのに対し、「平成の名水百選」は、住民による保全活動の取り組みを主な選定基準に加えたそうです。秋田県は、前回2ヶ所そのうち湯沢市は「力水」が名水百選に選ばれております。
今回も2ヶ所選ばれました。東北全部で12ヶ所選ばれたそうです。
湯沢市にある「力水」は、一年を通し、毎分11リットル、水温も13度前後と安定し、水質も良好な状態を保っているそうです。由来は、「からだに力がつく水だ」と殿様が愛飲されたことから、誰ということなく「力水」と呼ぶようになったそうです。
この湧き水で、氷を作り、大き目のグラスにいれ、両関冷用酒をそそぎ、ライムの輪切りを添えるとこれからの季節たまりませんね。皆さんもいかがですか?湯沢流の冷用酒の飲み方をお試しください。   (営業一杯やっか)

Comments(0) TrackBack(0) 旬な話題 


前のページへ   次のページへ