両関ブログ     
両関ブログ     
   

2008年05月



六本木にて『蔵元を囲む会』
2008年05月21日
afb357d7.jpg18日の日曜日ですが、両関にしては、珍しく六本木にてイベントがありました。
所謂『蔵元を囲む会』ですが、20名ほどで、”市販酒以外のお酒”と共に7種類程のお酒が、飲み放題で約2時間半程の会となりました。
この界隈には珍しく、日本酒と和食にこだわりながら、気軽に入れるのが嬉しいお店です。
お近くにお寄りの際は、是非ご来店下さい。
できましたら、両関を御注文御願いします。
<(_ _)> (総務YI)

お店はこちら:Sake Lounge Roppongi
http://www.glut.jp/sake/

Comments(0) TrackBack(0)


田植え日和
2008年05月21日
7db3c40f.jpg 強い低気圧が過ぎ去って雨が上がり、数日ぶりに五月晴れになった今日は、絶好の「田植え日和」。実は昨日予定していたのですが、天候を見て一日延期しました。
 当社では原料米の一部(ほんの僅かですが…)を自社栽培しています。湯沢市街の西側を流れる雄物川、その堤防近くにある田んぼで午後から田植えをしました。植えた苗は幻の酒米と言われる“亀の尾”です。
 時代は今から100年以上遡り、明治26年(1893)のこと、山形県の阿部亀治さんという方の田んぼが冷害でほぼ全滅状態になりましたが、その中でたった1株だけ結実した稲を発見しました。その稲を大事に大事に育成し独立した品種として完成させたのが“亀の尾”です。様々な品種改良が進んだ現在は、ほとんど栽培されなくなり“幻の米”と言われています。「夏子の酒」という漫画では、夏子が苦労して栽培する米のモデルになりました。
 秋に収穫した米は、「両関伝説 夢(純米大吟醸)」「両関伝説 朧(特別純米酒)」の原料米の一部として使います。天候に恵まれて、いい米ができることを祈りながら、田植え作業を無事に終えることができました。(総務 M.S)

Comments(0) TrackBack(0) 旬な話題 


金賞受賞!!
2008年05月20日
fcf64cc7.jpg うれしいニュースが飛び込んで来ました。
 このたびの「全国新酒鑑評会」で両関が金賞を受賞いたしました。
 独立行政法人酒類総合研究所が主催する全国新酒鑑評会は、明治44年の第一回以来今年で96回目を迎えます。この会は、その年に造られた清酒の出来栄えを審査するもので、全国規模で開催される唯一の鑑評会です。
 今年の出品酒は全部で957点。厳正な審査の結果、このうち優秀と認められた487点が入賞、さらにそのうちで特に優秀と認められた255点が「金賞」を受賞しました。金賞は全体の約26%という狭き門となりました。ちなみに秋田県は25点が入賞、うち16点が金賞という結果です。
 昨年は当社の「純米大吟醸 雪月花」がイギリスのIWSCという酒類コンクールで最高金賞を獲得するなど、国内外のコンクールで高い評価をいただくことができました。今年も春からホットなニュースです。
 この栄誉を胸に、なお一層皆様に愛される「うまい酒」造りに励んで参ります。(総務 M.S)

Comments(0) TrackBack(0) 旬な話題 


青葉祭り 試飲即売(続)
2008年05月20日
以前、ご紹介した青葉祭りと、試飲即売会の結果をご報告します。
仙台青葉祭り初日、宵まつりは、すずめ踊りが行われ、三越仙台店が「六右衛門賞 三越すずめ連」で入賞しました。おめでとうございます。新人の秋田出身のA君は、「めちゃくちゃ練習したので入賞はうれしい」と昂奮気味に話してくれました。17日の人出は、前年比4万人増の31万3000人だったそうです。
18日の人出は前年より4万人多い59万人だったそうです。すごいですね!
試飲即売会も、一部商品数本を残し、最終日昼過ぎには完売になりました。ありがとうございました。
出品商品: 純米大吟醸雪月花1.8L(IWSC最高金賞受賞)
       大吟醸原酒雪月花720ml(IWSC金賞受賞)
       純米大吟醸伝説夢720ml(亀の尾使用)
       山廃仕込特別純米酒1.8L(全国酒類コンクール純米の部第一位)
       山廃仕込特別純米酒720ml(全国酒類コンクール純米の部第一位)

今後いろいろな地区で試飲会が行われると思います。その時は、また、よろしくお願いします。
                              (営業一杯やっか)

雪月花1.8L

Comments(0) TrackBack(0) 旬な話題 


湯沢青年会議所40周年記念式典
2008年05月19日
b828a06b.jpg5月17日に湯沢ロイヤルホテルにて湯沢青年会議所創立40周年記念式典が盛大に行われました。この式典のために秋田県内のみならず東北地区各地から青年会議所のメンバーが集まってくれました。私も微力ながらお手伝いをさせていただきましたが「夢を持とう、追いかけよう、そして叶えよう!」のスローガンに負けないくらい熱くて素晴らしい式典と祝賀会でした。写真は祝賀会で理事長入場の時に活躍した電飾隊の精鋭です。


Comments(0) TrackBack(0) 地域情報 


「色」「形」「光」 〜美短演習(8)〜
2008年05月19日
27d137ed.jpg 2日間に渡る秋田公立美術工芸短期大学の学生の皆さんとの触れ合いを通じて、普段感じたことのない新鮮な驚きがいくつかありました。
 まず《反応のツボ》。当社へは年間数千人のお客様が見学に訪れますが、普通は目に止めないモノに、学生の皆さんは敏感に反応していました。写真は仕込蔵の3階から2階へ原料を送るための「作業孔」を上から覗いた瞬間を撮影したものです。不思議なアングルに皆さん大喜びでした。他にも、事務所前にある球形の「酒林」、調合室前にある色鮮やかな鳥の壁画、壜詰見学通路天井にある角型のライト…etc。共通点は「色」「形」「光」で、さすがデザイン専攻の学生、目のつけどころが違います。
 次に《日本酒に対するイメージ》。「おじいちゃんの飲む酒」というイメージを持っている人が多かったのは、ある意味でショックでしたが、これからの日本酒の方向性を考える上での大きなヒントをもらいました。若い人たちにも喜んで飲んでもらえるような商品開発・PR戦略に真剣に取り組んで行かなければ、未来はないことを改めて痛感させられました。
 そして《遊び心》。最後に記念写真を撮ったときに、誰からともなく「RYOZEKI」を手文字で表現しよう…という声が上がり、一人一文字づつ形を作ってからパチリ!そんな明るい遊び心と発想の豊かさは、ここしばらく忘れていたような気がします。
 現在皆さんは学校へ戻ってデザイン制作に没頭しています。来月のプレゼン、8月の販売まで、まだまだ驚きが待っていそうな予感です。(総務 M.S)

Comments(0) TrackBack(0) 工場見学   旬な話題


青葉まつり 試飲即売
2008年05月16日
5月17日・18日仙台・青葉まつりが開かれます。初日の宵まつりはすずめ踊り、2日目の本まつりは山鉾(やまぼこ)巡行の行列がおこなわれます。
これにあわせ、三越仙台店で試飲即売会を行います。ぜひ、お立ち寄りください。
期  間: 5月16日・17日・18日
出品商品: 純米大吟醸雪月花1.8L(IWSC最高金賞受賞)
      大吟醸原酒雪月花720ml(IWSC金賞受賞)
      純米大吟醸伝説夢720ml(亀の尾使用)
      山廃仕込特別純米酒1.8L(全国酒類コンクール純米の部第一位)
      山廃仕込特別純米酒720ml(全国酒類コンクール純米の部第一位)
                          (営業一杯やっか)
山廃特別純米酒720ml

Comments(0) TrackBack(0) 旬な話題 


マル特情報 NO.5
2008年05月15日
2ff6bc90.jpg今日のマル特情報は、両関ヤンキース(野球チーム)を紹介します。
我が両関酒造には野球チームがありまして、創立50年以上にもなり会社と同じで伝統があります。(^^)v
チームの実力も昔は高松宮杯、県で優勝した事もあるそうで…かなりの強豪チームです。
先週の土日に今年度の高松宮杯(湯沢、雄勝)の予選がありまして、白熱した戦いが繰り広げられたようです。
試合結果
一回戦 ワースト4-6両関
二回戦 ラッシュマンズ8-1両関
二回戦の一回にエースが急に故障発生しまして1人に二球で交代しました。裏エースが投げましたが…前日に続き連投のため「ロボット」状態であえなく撃沈!
両関酒造には「ロボット状態」の従業員が五人ほど働いています。(ToT)
今回の画像は最近のなかで一番の成績です。ですが…10年前の賞状です(^^ゞ
(ホークマン)


Comments(0) TrackBack(0) 地域情報 


美味しんぼ
2008年05月14日
「美味しんぼ」という長期連載漫画がありますが
この作品の登場人物である、山岡士郎と海原雄山が連載25年目にして歴史的和解をしたそうです。
この漫画は食文化を勉強するためにも参考になるので(ただし全部の解釈が合っているとは限りませんので鵜呑みはいけません)よく読んでいますからちょっと驚きました。
あの二人が仲直りしたのもさることながら25年間も連載し続けているのも凄いですね。

総務・たっくん。

Comments(0) TrackBack(0) 旬な話題 


記念写真 〜美短演習(7)〜
2008年05月14日
e6a14442.jpg 演習2日目。チーム別ミーティングで、学生の皆さんが浮かんだイメージをデザインに落とし込む作業が行われました。この日の最後は、2日間の成果の披露です。社員や取材関係者が見守る中、3名づつ5チームが順に前に出て発表、併せて初めての学外演習の感想も全員に述べてもらいました。
 皆さんの感想で多かったのは、「日本酒はおじいちゃん達が飲む酒だと思っていた」「今まで持っていた日本酒に対するイメージがガラッと変わった」…etc。率直な感想の中に、いまの日本酒が置かれている立場や若者の持っているイメージがストレートに伝わって来ました。初体験だらけだった学生の皆さんにとっても、受け入れた両関の社員達にとっても、とても勉強になったと思います。
 最後は会社の前で記念写真。社長も入って「ハイ!ポーズ」。元気ハツラツの笑顔で2日間を締めくくりました。(総務 M.S)

Comments(0) TrackBack(0) 工場見学   旬な話題


前のページへ   次のページへ