両関ブログ     
両関ブログ     
   

2008年04月



「沓澤則雄 漆芸展」行ってきました。
2008年04月30日
0804沓沢則雄 漆芸展
今月の24日〜27日地元湯沢文化会館で「沓澤則雄 漆芸展」を鑑賞してきました。漆・貝殻・プラチナ・金などを使い大胆な構図で繊細な筆使いは見事なものでした。大作になると半年以上かかるとの事。今でも、年に50点ほど精力的に制作しているそうです。すごいですね!
両関では、「酒の匠頒布会」を6月・7月販売します。匠の味をお楽しく下さい。受注は、5月いっぱい。詳しくは、お近くの酒販店、又は、両関までお問い合わせ下さい。(両関問い合わせ:mail:ryozeki@ryozeki.co.jp TEL:0183-73-3143) 
(営業一杯やっか)

沓澤則雄様 略歴
昭和16年 秋田県湯沢市川連町生まれ
                   39年 日展初入選
                   57年 県芸術選奨
                平成元年 現代工芸美術家協会東北会会長
                   6年 日展特選 漆屏風「史跡」
                  10年 日展特選 漆屏風「縄文層々」
                      AKITAワールドゲームス入賞メダルデザイン制作
                  14年 日展審査委員
                  15年 日展会員
                      秋田県文化功労章
                  17年 縄文時代の漆糸玉復元

Comments(0) TrackBack(0) 旬な話題 


ようやく
2008年04月28日
c1222f7a.JPG会社の方も、自宅もようやく雪囲いの片付けが終わりました。
そこでついでに 鯉のぼり も準備しました。
昔は、地元では旧暦でやっていましたので、5月後半でないと 鯉のぼり を上げませんでしたが、最近は暦に合わせる家が殆どです。
でも朝晩は少し寒いです。家の実家は予備の反射式ストーブで暖を取っています。
皆様もよいゴールデンウィークを。

Comments(0) TrackBack(0) 地域情報   旬な話題


連休の観光情報?
2008年04月28日
022ad4a1.JPG26日に八戸に出張しました。丁度桜の見頃で、秋田から一週間遅れですね。
地元のタクシーの運ちゃんによると、「本格的な連休前に弘前の桜も散るかも」との事でした。狙っている方は急いだ方が良いかもしれません。
写真は、岩手山SAからの日本百名山のひとつ岩手山です。今は、休山解除されているんですね。(総務YI)


Comments(0) TrackBack(0) 地域情報   旬な話題


講義 〜美短演習(2)〜
2008年04月28日
07ff372d.jpg 社長の歓迎挨拶のあと、ゼミ生一人一人が自己紹介。続いて、社長から両関や湯沢の酒造りの歴史について説明をしたあと、ビデオで会社紹介と酒造りの流れをまずインプットしてもらいました。
 次は当社の佐々木による講義です。ビデオを補う形で、日本酒ができるまでの仕組みを詳しく説明。「麹」「酵母」「酒母」「醪」「上槽」などなど、酒造りの専門用語が飛び交う中、学生の皆さんも初めて耳にする言葉を理解しようと真剣な表情で聞き入っていました。
 講義の後半はラベルの説明。お酒のラベルは表示する要件が法律で細かく決まっています。ラベルデザインをするうえで、最低限守らなければならない「きまり」があることを、まず理解してもらう必要があります。決められたルールを守りながら、斬新な発想のアイディアを形にして行く…。机上ではなかなかできない現場実践の重要な意味はこのへんです。
 来年には短大を卒業し、社会へ出て行く若きデザイナーたちに、できるだけ現実に即した経験を積んでもらうことが、今回の演習の目的の一つ。講師を務めた佐々木も、噛み砕いて分かりやすい説明にしようと苦心していました。(総務 M.S)

Comments(0) TrackBack(0) 工場見学 


若きクリエイターたち 〜美短演習(1)〜
2008年04月27日
3edc5f45.jpg 26〜27日の二日間に渡って、秋田美術工芸短大官能ゼミの「若きクリエイターたち」2年生15名が当社を舞台に学外演習を行いました。湯沢の伝統行事「七夕絵どうろうまつり」を題材に取り上げ、「日本酒ボトルラベルの七夕まつりオリジナルデザイン」と「両関の企業キャラクター」を制作しようという、実践的演習です。ゼミ生は全員女性、うち3名は県外出身者で、大部分は湯沢も酒蔵も初めての体験とのこと。
 いつもは秋田市新屋のキャンパスで講義や演習をしている皆さんが、26日は電車に乗って外へ飛び出し、湯沢に着いたのはお昼頃。まずは当社伊藤社長が歓迎の挨拶をしました。見知らぬ土地の見知らぬ会社へ来た皆さん、ずらりと並んだ社員や取材のマスコミの人達を前に、最初のうちは緊張気味でコチコチです。一方、受け入れる側の当社スタッフ一同も、このような企画は初めて。先の展開が読めないこともあって、ワクワク感と一抹の不安感で少々顔が引きつり気味でした(笑)。
 さて、その後の展開は・・・?これからしばらくの間、シリーズでご紹介して行きます。(総務 M.S)
 

Comments(0) TrackBack(0) 工場見学 


最古の一号蔵 −蔵探検記(7)−
2008年04月26日
b90f51db.jpg 桜はほぼ葉桜になり、少し肌寒い風が吹いています。でもこれぐらいが普通の気温、ここ一週間ぐらいがむしろ暖かすぎました。
 今日は「一号蔵」をご紹介します。真っ直ぐな通路を通って行くと一号蔵の正面が見えてきます。この蔵は当社の現存している建物の中では最古のもので、明治25年(1892)八代目伊藤仁右衛門の時代に建築、今年で116年になります。棟梁は高久三太郎、高橋春吉、高久房吉の3名。間口約8M、奥行約22Mで面積約175屐53坪)、高さは約7Mあります。
 室内に柱は立てず、太い梁と壁と一体になった柱で重みを分散させて支える構造で、秋田県の県南地方によく見られる形式です。昭和30年代の初めに円筒形のステンレス製大型タンクを導入したため、残念ながら中まではご案内できませんので、説明は外観のみ。
 特徴のひとつは、蔵の屋根が外に面していないこと。全体を大屋根で覆って「内蔵」のようになっています。お酒を寝かせるための保温と積雪時の除雪(雪下ろし)という二つの利点を追求した結果です。もうひとつは扉で、四重構造になっています。一番内側に格子戸、次に板戸が二枚、一番外側はギザギザのついた分厚い土蔵扉です。扉の開け閉めだけで室温調節をするための工夫と、火災のときでも火の粉が中まで侵入しない工夫(ギザギザ)がされています。
 100余年の年月を経てもビクともせず、いまだに現役で使われている重厚な蔵。本当に昔の人は「いい仕事」をしたと感心させられます。(総務 M.S)

タグ:
Comments(0) TrackBack(0) 工場見学 


アミノ酸パワー 〜SAKE&Health vol.1〜
2008年04月25日
2b808b5f.jpg 健康のためにお酒は控えた方がいい・・・○か×か?
 日本や秋田県最高齢の人がたまにマスコミで紹介されますが、意外に毎日晩酌をやっている方が多かったりします。飲みすぎなければ、お酒を飲む人のほうが健康で長生きする場合が多いのです。健康が気になる人には、特に、日本酒がおすすめ。
 秋田大学名誉教授で医学博士の瀧澤先生によると、
 
 『日本酒には、私たちの身体に必要なアミノ酸が豊富に含まれています。これらアミノ酸は動脈硬化や心筋梗塞、肝硬変、ガン、健忘症など多くの生活習慣病を予防してくれるのです。日本酒には他にも、ビタミンやアミンなどの栄養成分が120種類以上。天然サプリメントとして、日本酒を日々の健康管理に取り入れてはいかかでしょう。』とのこと。
 【「美しくなる日本酒」柏書房より】
 
 「過ぎたるは及ばざるが如し」ですが、適量のお酒は身体にやさしく健康を保つ効果があります。両関を代表するお酒のひとつが「銀紋」。私は熱燗が好きですが、冷やでも美味しく、お値段もリーズナブル。今の季節にピッタリです。(総務 M.S)

Comments(0) TrackBack(0) SAKEトーク 


ちょっと遅くなりましたが、やっと満開!!
2008年04月25日
63ad79f3.JPG先週やっと桜が満開。出張から帰っていきなり咲いていたので びっくりしました。
で、家族で花見に行きました。
蔵の近くの前森公園に行きましたが、天気もよかったせいか人出も結構ありました。
そう言えば、今年は公園清掃参加できませんでしたね。
(_ _ )/ハンセイ (総務 YI)


Comments(0) TrackBack(0) 地域情報   旬な話題


マル特情報 NO.2
2008年04月24日
今日のお得な話は誰もが食べた事のある「ラーメン」です。
両関にもラーメン通が営業にいますが…ここはわたくしホークマンの趣味でいきます。
両関酒造のある湯沢は酒蔵があちこちにありまして、お酒の町みたいな印象があります…しかし湯沢市も合併で稲庭うどんも湯沢になり「麺」からは離れられない土地柄にあります。
そこで今回の紹介するお店は、両関の従業員(飲みすけ?)がホトンド利用したことのある「長寿軒」です。
わたしは語れるほど利用していないんですが…湯沢市民にはなくてはならないお店ですね(^-^;
メニューはラーメンしかありませんが、これがたまらんのです。両関が体に染み込んでいる(従業員)は何かに"とりつかれた"ように食べています(^^)v両関のお酒と長寿軒の味は何か…ん…深い…深い何かで結びついている…みたいな???(^^ゞ
お店の場所なんですが、両関でお酒を買っていただけたらホークマンが無料で教えてあげます。(^^)/
冗談です。ホークマンでした。


Comments(0) TrackBack(0) 旬な話題 


散り初め
2008年04月23日
ad81a944.jpg 先週後半から5月下旬並みの暖かさが続き、桜が一気に開花、今はもう散り始めました。湯沢市の桜の名所でもある近くの前森公園も、花びらが風に舞っています。平年であればゴールデンウィークのあたりに満開になるはずが、今年は大幅に早まっており、あと数日で花吹雪から葉桜になりそうです。
 公園内の堀端に見えるのが「さざなみ亭」。17日付の「マル特情報1」でホークマンさんが書いている建物です。当社の建物ですが一般にも開放していますので、この時期を中心に近くの町内の方々などに広く利用されています。窓越しに公園の桜とお堀が見える絶好のロケーション、鍵をお貸しするだけで、すべてセルフサービスとなりますが、どうぞご利用ください。(総務 M.S)

Comments(0) TrackBack(0) 地域情報 


  次のページへ