両関ブログ     
両関ブログ     
   
鏡開き・蔵開きの日
2022年01月11日



新年



















江戸時代より1月11日は

鏡開き(かがみびらき)」、「蔵開き(くらびらき)」を行う日といわれております。


商売をする家などで、新年を迎えて初めて蔵を開いて商売繁盛を祈るものだそうです

”仕事はじめ”というところでしょうか


この日は神様に御供えした鏡餅をお下がりとしていただいて

今年1年の一家円満、商売繁盛を願うという習わしがあります。






鏡開きは、よく結婚式などでも行われますよね

お酒が入った菰樽の丸い木蓋が鏡に似ていること、(丸い形は「円満」の意味)

「開く」という言葉には末広がりのおめでたい意味合いもあります
(結婚式などでは「割る」という言葉は縁起が悪いため、「開く」という言葉を使います。)



樽酒の鏡開きも、門出に際して健康や幸福を祈願して

その成就を願うという意味合いで、現在も行われていますね

そしてそのお酒をみんなで呑むことで幸せを分かち合うという、

古き良きだなぁと思います


こういった古くからの、日本の習わし、

これからも続くといいなぁと思います。



今晩は、私も社内の円満、家庭の円満、商売繁盛を祈って
お神酒をいただきましょう