両関ブログ     
両関ブログ     
   
袋吊りの作業を見てきました!!
2018年02月23日

長い仕込みの中で、数回しか行われない

「袋吊り」



今日、「袋吊り」やるよ!!
と教えてもらったので、

それは行かねば!!!
写真に収めねば!!!


と、蔵へ見学に〜♪





醪(もろみ)が完成すると、
酒と酒粕に分ける作業に入ります
この作業を上槽(じょうそう)といいます。


ヤブタと呼ばれる自動圧搾機で搾る方法はこちら

IMG_4936






















今回、見学させてもらったのは「袋吊り」といって


酒袋に醪を入れて

IMG_5399
















タンクの上で吊るし

IMG_5409















(見よ!この腕筋)




タンクいっぱいに吊るすとこんな感じになります

IMG_5422
















酒の重みでゆっくりと自然にしたたり落ちる滴をタンクで受けて、
ガラス製の一斗瓶に貯めます

IMG_5421





















すごーーーく手間がかかって、
9人態勢でやってましたよ。
大掛かりな大事な作業です。


チームプレイでしたほんと。







1回の仕込みからとれる量も少なく、非常に貴重な日本酒で、
別名「しずくざけ」と呼び、酒のより純粋な味を引き立てます。







贅沢な大吟醸タイプや
品評会出品酒に用いられる搾り方が
「袋吊り」なのです


つまり、一番おいしいところが味わえる贅沢酒。


これ見たらさ〜

呑まないワケにはいかんですよ(´∀`)


ちょろちょろ〜〜と

でてきたお酒をちょろっと

分析用にとってもらって

ちょろっと一口だけ・・・(●´ω`●)





すみません、私、ド素人ですが、


非常〜〜〜〜〜に
華やか。

繊細な味わい。



とにかく美味しかった。





貴重なお酒、ありがとうございます!!



品評会でいい結果がでますように。

しずくざけとしてまた商品になるのですな!!

こうして搾ったお酒、

好評販売中でございます!!


8Lカートン付




















1.8L  10,000円(税抜)
720ml   5,500円(税抜)



頑張った自分へのご褒美に。
贈答用にはもってこいの
「特選大吟醸 しずくざけ」

是非、味わってみてはいかがでしょうか





Comments(0)
 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔