両関ブログ     
両関ブログ     
   
昔懐かしき風景
2010年05月17日
img-506125430








昔懐かしいシリーズ第4弾です。
ただ今回の作業風景は現在とあまり変わりません。
画像は出来上がった蒸米を運んでいるところです。
一番右の人が履いている靴は「下足(げそく)」といって
もの凄く熱い蒸米の上に立っても大丈夫なように
履いているものです。
蔵人さん達は今も昔もこのように
蒸米を何回も往復して運んでいるのです。
私もやったことがありますが大変な作業です。
今回見つかった写真を見て改めて分かったのですが
こうした昔の蔵人さん達の酒造りの技術と努力が
130年以上も受け継がれて今の両関のお酒があるんですね。
(たっくん。)

Comments(0) TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔